有限会社 横田工業

物があふれて 収納スペースが欲しい

よく使うものは出しっぱなし、収納棚にはめったに使わないものが押し込まれたまま・・・
どんどん増える物に対して収納場所が不足してきますよね。

 

必要な物がすぐに取り出せ、しまいやすい収納プランを考えます。

 


ポイント1@ よく使うもの

使う場所のそばに籠やバスケット、おしゃれな箱を利用して、まとめておく。物を入れても自然にまとまり、箱ごと動かせば掃除も簡単にできます。


ポイントA 使用頻度の低いもの

カテゴリー別に箱に入れ分類項目を書いて収納棚などに並べておく。(清掃用品、文房具、修理器具、電気コード類等・・・)探すときはカテゴリーの箱の中を探せばみつかり、使った後は箱の中へポイッで簡単収納。 


ポイントB ラベル

カテゴリー別の箱にはラベルを貼りましょう。ラベルはとっても大事。収納場所を決めた当初は覚えていても、アレッどこだっけと思い出せなくなることもあります。又自分だけじゃなく家族にも一目瞭然なのはいちいち「あれどこにある?」って聞かれても、自分で探したり元に戻してもらえるようになります。

 

 

ポイントC  収納量

収納する量を決め、新しく購入する時は古いものは処分する。決めた量以上は無駄なものと割り切って物を増やさない(食器棚の食器、タンスの中の洋服・・・)

どうしても捨てられないもの

それでもどうしても捨てられないものって誰にでもありますよね。段ボールに詰めて必ずラベルを貼って押入れや物置の奥にしまいましょう。
いっぺんに処分できない時や忘れられない思い出の品物は次に片づけるときまでに考えてみるゆとりもあっていいのではないでしょうか。